どんなオリゴ糖が便秘に良い?

オリゴ糖様々なオリゴ糖商品が販売されていますので、どれを購入したら良いのか分からない方もいるようです。基本的にはオリゴ糖のみの商品を選ぶようにしましょう。最近はオリゴ糖にプラスして美容に良いとされる成分や、乳酸菌が含有されたアイテムも販売されています。ただしこのような商品の場合には、お腹の調子が悪くなってしまうこともあります。さらには他の成分がたくさん含有されている場合、肝臓に負担をかけてしまうこともあるのです。小さなお子様に与えることを考えた場合にも、純度の高いオリゴ糖を選ぶ方が良いでしょう。その他の成分についてはサプリメントや食品などで取り入れることをお勧めします。

また、できるだけ密封性の高い容器に入っていることも大切。購入した後で密閉容器に入れ替えるといった方法もありますが、製造から購入まで時間が経過している場合やその他にも開封後の扱いを考えた場合に使い勝手が良いのです。計量をするためのスプーンがついている商品などもあり、こういったものは開封してすぐに使えますのでお勧めになりますよ。ごく最近では小分けになったオリゴ糖も販売されているため、外出時のためにこうした分包タイプを購入する方もいるようです。


オリゴ糖の使い方

初めてオリゴ糖を取り入れる方は、どのように使えば良いのかと悩んでしまうようです。オリゴ糖の使い方はごく一般的なお砂糖や、グラニュー糖と同じ。お料理を作る際の甘味やティータイムのドリンクにも使用することができるのです。また溶けやすいといった性質を持っていますので、スイーツ作りにもおすすめなのですよ。上白糖やグラニュー糖を使うよりも、オリゴ糖を使うほうが少量です。さらには体にも良い働きを持っています。お食事やティータイム、さらにはスイーツやヨーグルトなど、お砂糖を使用する機会はとても多いですね。その全てにおいてオリゴ糖を取り入れることで、便秘を解消や予防だけでなく肥満の予防にもつながってくれるのではないでしょうか。

コーヒーさらに腸内の働きが活発になり、善玉菌が増えることで免疫力をアッさせてくれるでしょう。コーヒーや紅茶を飲む際にはグラニュー糖と同じように適量をプラスするだけでよいのです。近年ではハーブティーを飲む方も多いのですが、ハーブティーとオリゴ糖はとても相性が良いのです。特にクセなどもない天然のお砂糖ですので、お好みのドリンクやお料理の味を変えてしまう心配もありません。一度に使用する量が少量で良いので、コストパフォーマンスも良いです。使用する量が少ないことから、お砂糖をあまり使っていないと言う部分でプラシーボ効果にも期待が持てるかもしれません。もちろん使いすぎは禁物です。


オリゴ糖は子供でも平気?

オリゴ糖は便秘で悩む方に対し、とても良いといったイメージを持つ方も多いでしょう。確かにオリゴ糖は便秘の解消や予防に役立ってくれるのです。腸内で乳酸菌の働きや善玉菌の働きを助けてくれるといった働きを持ちますので、特に乳酸菌を含むヨーグルトなどの食品と摂取するのが望ましいといえるのです。オリゴ糖を摂取する上で、人工的な甘味料に比べ少量で済むことからカロリーが低く、このような部分からも取り入れたいと考える方がいるようです。小さなお子様に人工的な甘味料や一般的な白砂糖を与えるのが嫌だと思っている方にも、オリゴ糖はおすすめ。

お母さんと赤ちゃんとはいえ小さな子供にオリゴ糖を与えてもよいのでしょうか?オリゴ糖は天然素材から作られていますので、赤ちゃんでも摂取することができるのです。もちろん甘みを加えるためとはいえ、オリゴ糖を過剰に与えてしまえば下痢をしてしまうことなどもありますので、量には注意しましょう。上白糖に比べ少量で済むことや、その他にも善玉菌の働きを助けることから家庭での手作りおやつや、お食事にも取り入れていくことが推奨されているのです。カロリーオフタイプの甘味料はさまざまな懸念がありますが、オリゴ糖ならばそういった懸念を持たず、安心して赤ちゃんからでも与えることができるでしょう。